鯉江良二 ガラス製作品 共箱 真作保証 貴重品

¥ 23,000

SOLD OUT

通報する

・常滑の重鎮 鯉江良二 氏作の 非常に珍しい 希少な ガラス製の作品です。

・購入当時ぐいのみが2~3万の頃、この作品は、10万したそうです。(お客様談) 

・部屋に保管してあった商品です。

・アンティーク、ビンテージ品になりますので、使用感、傷、汚れ、経年による劣化、などはあります。

・箱にも、珍しく作品名が、英語で書かれてあります。
 subjective symptom of glass ?

・作品の大きさは、高さ250mm 幅250~270mm 厚さ25mm ぐらいです。

・共箱の大きさは、360mm x 360mm 高さ110mm ぐらいです。

・ガラスの中に、黒く何かが描かれています。

・部屋に飾っておいても、鑑賞出来ますので、最高の一品です。

・なにぶん古いものですので、クレーム無し、返品無しで、納得頂ける方だけ、入札下さい。

鯉江良二 こいえりょうじ
Potter:Koie Ryoji

1938年 愛知県常滑市出身
1957年 愛知県立常滑窯業高校卒業
1962年 常滑市立陶芸研究所入所
 現代日本陶芸展入選
1970年 大阪万博の大型陶製ベンチ制作参加
1971年 現代の陶芸展出品 (東京・京都国立近代美術館)
1972年 ファエンツァ国際陶芸展出品(イタリア)
国際名誉大賞受賞(バロリス国際陶芸ビエンナレ)
1973年 京都にて初個展(造形作品とインスタレーション展示)
1978年 現代の工芸展招待出品(京都国立近代美術館)
1981年 CLAYWORK「やきものから造形へ」展招待出品
1982年 伝統と前衛展招待出品(サントリー美術館)
1986年 日本の前衛展出品(ポンピドウセンター/パリ)
1987年 60年代の工芸展招待出品(東京国立近代美術館)
1992年 愛知県立芸術大学教授就任
1993年 日本陶磁協会賞受賞
2001年 織部賞受賞(岐阜県)
2002年 愛知県常滑市天竺に穴窯を設営
2004年 愛知県立芸術大学教授退官
2008年 日本陶磁協会賞金賞受賞